お子さま連れOK!ママのスマイルを応援するパン教室「スマイルファクトリー」の講師、ちなっちゃんの日記的なもの。毎日にっこにこになれますように。
2017/07/15(土)06:49
先日のレッスン、来てくださったのは2回目のKさまとSさま。

私よりかなり年下の、とってもかわいらしいお2人

今回のレッスンメニューのあんパンは、普通のタイプとアン〇〇マンもどきの2種類を作るのですが、お2人ともお子様はまだいらっしゃらないのに「2個アン〇〇マン、1個普通ので!!」 って。
普通のやつのほうが、あんこ多いよ??って言っても、「いや、2個アン〇〇マンで!」って。 もう、可愛い(´ω`*)

そしてそれから10分くらい経って、Kさま、「先生、やっぱり私・・・」
神妙な顔つきで何を打ち明けてくれるのかと思ったら、

「アン〇〇マン3個にしていいですか??」

って・・・

すっごい悩んでたんやね

つられて私も今回はじめてめっちゃいっぱいアン〇〇マン作っちゃったわ 笑

7-5anpan.jpg

ほっぺ取れそうな子もいるけど

7-5kurumipan.jpg

くるみパンは全粒粉入りで、噛み応えのある生地になってます。
ふんわりしてるけど、プチプチって感じがくせになる美味しさ。

話に花が咲き過ぎて、焼き上がりの時間少し遅れちゃった
だめな先生だ~(ノД`)・゜・。

気を取り直して、いただきます♪

7-5sishoku.jpg

卵塗るの、見えないところまでしっかりね!って生徒さんに言いつつ、先生できてませんの証拠写真や・・・
今度から、気を付けよう。

あんパンもくるみパンも、美味しい~!
実を言うと、みなさんウインナーやらハムやら入ってるほうを好まれるので、このHOP4はそんなに頻度が高くないのです。
なので久々に食べれて嬉しい

Sさまの旦那様が男性には珍しくくるみパン大好きな方だそうで、きっと喜んでくれるわ~と、持って帰るのを楽しみにしてらっしゃいました。

前回のパンもとても美味しいと喜んでいただけたそうで、そんな話を聞くと本当に嬉しくて、これからも頑張ろうと思うのであります。

さて、本日のデザートは「シュークリーム」でした

7-5shukurimu.jpg

なんか最近シフォンケーキとシュークリームばっかり作ってる気がする(^^ゞ
だって美味しいから、みんなに食べてほしくて

こちらも、とっても好評でした♪
中のクリームは、カスタードクリームに生クリームを少し混ぜた、クレームレジェールで、ふんわり軽い仕上がりになってます。


シュークリームを手作りするのは難しいという印象がみなさんあるみたいです。
私も同じように思っていました。
かなり多くの人が、小さい頃に失敗した経験があるのではないかしら。

シュークリームって失敗ポイントがいくつかあって、それさえ気を付ければかならず膨らむのですが、ひとつでもやっちゃうと即失敗につながってしまうんですよね。
クッキーやケーキなら、「あ~、ちょっと固かったなぁ。」「膨らみ悪いなあ。」くらいで済むし、原因もだいたい分かるので再挑戦する気にもなるのですが、シュークリーム失敗したときって、ベチャってした微妙な味の物体が出来上がってくるんでショックも大きいし、何が悪かったのか見当もつかないことが多いんで、2度と作らずに「シュークリームは難しい」ってイメージのまま大人になってしまう人が多いのだろうと。

以下、これさえ気をつければ・・・のポイント書いておきますので、みなさん再チャレンジしてみて~!

失敗ポイントその1・・・水+バターを沸騰させた鍋に薄力粉を入れたあと、火を十分に通してない。
水と薄力粉を混ぜて火を通すと、糊化といって、「のり」みたいな状態に変化します。この、のりみたいにとろみがついて柔らかくなった状態になっているからこそ、オーブンで焼いたときに生地が伸びて、あんなに膨らむことができます。
焦がさないように気をつけながら、鍋底に白い膜が残るようになるまで、しっかり、全体に火を通しましょう。

失敗ポイントその2・・・卵を入れたあと、しっかり練れていない。
薄力粉を入れてしっかり糊化できたら次に卵を入れますがこのとき、卵を入れては混ぜ、固さをチェックして卵を足して混ぜ、固さをチェックして卵を足して混ぜ・・・と慎重に卵の量を増やしていきます。
目安は、木べらからポトっと落とした時に三角形に生地が残る状態。
さらに大事なのが、卵を入れて混ぜるときに、かなり重いですがそのつどしっかりと混ぜる・・・というより「練る」ことです。
この「練る」作業が、子どもにはちょっと無理かな・・・?ってくらい、腕の力が要ります。
自分が小学生のときに失敗したのはこの「練る」が出来てなかったんちゃうかな~と予想。

失敗ポイントその3・・・オーブンの扉を途中で開けちゃった。
オーブンの窓からのぞいたら、「おー!膨らんでる!成功した~!!」って見えても、まだ生地は固まってなくて、ふにゃっとした柔らかい状態で、中の水分が蒸発する力で持ち上げられてるだけってことがあります。
そのまま我慢して焼き続ければ、水分が全部なくなって、糊化していた薄力粉がしっかり焼き固まって成功となるのですが、その前にオーブンの扉を開けてしまうと、庫内の温度が下がって水分の蒸発がとまり、持ち上がっていた生地がしぼんでしまうのです。
私のレシピでは、高温で20分、温度をさげて約10分、そのまま余熱で10分以上放置してからオーブンの扉を開けてます。

以上、3つのポイントを守れば、きっと成功すると思いますよ

と言いつつ、毎回毎回ちゃんと膨らむかしら~と心配しながらオーブンに張り付いて見守ってしまう私。
今のところ失敗はないのですが、オーブンあけるまではやっぱりドキドキしますね。

みなさんもチャレンジしてみてくださいね。

どうしてもうまくいかなかったら、レッスンもしますのでお気軽にリクエストしてみてくださいね(^^♪


(^^)お子様連れOK!ママのスマイルを応援するパン教室「スマイルファクトリー」(^^)
WEBサイトはこちら
スマイルファクトリーfacebookページはこちら

寝屋川市、四条畷市、交野市、枚方市、門真市、守口市、大阪市内、などから来ていただいてます。


関連記事
プロフィール

にこにこ工房

Author:にこにこ工房
大阪府寝屋川市の自宅にて子連れOK、ママの子育てを応援するパン教室「スマイルファクトリー(WEBサイトはこちら)」を開いています。
長男(10歳)、長女(8歳)、夫(41歳)と4人家族。

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
 | 今日も@にっこにこ@TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX